自分はどうなの?

before

after

どうも、藤沢 湘南台の靴教室 IPPOの眞鍋です。

朝の情報番組で、南青山に建設予定の児童相談所に近隣住民が反対しているというトピックがあったのですが、なんだか聞いていて寂しい気持ちになりました。

反対する方の言い分(これがすべてとは思いませんが)は

自分の土地の資産価値が下がる。

うちの子と同じ学校に児童相談所の子が通うのはいやだ。

他人の子の為に税金が使われるのが納得できない。

そんな内容でした・・・。

なんだかみんな余裕がないのかな・・・。

南青山に暮らせるぐらい金銭的に潤っていても、なんだかなぁって感じです。

虐待されて亡くなる子の話に涙はしても、その子たちを保護する施設は、うちのそばにはいらないよって悲しいけど、基地の問題も同じ構図なんだろうね。

でも、自分が同じ立場に立たされた時、今の気持ちを持ち続けられる保証が出来ないところが情けない・・・。

そんなときのために、前にあんなこと書いちゃったからなぁって思い出して考えられる自分ではいたい。

 


コメント

トラックバック

トラックバックURL:

http://www.ippo-kutsu.com/wp-trackback.php?p=4090