最強かも・・・。

どうも、藤沢 湘南台の靴教室 IPPOの眞鍋です。

今日は三女について。

3人の中では、ものすごい強さを持っています。

幼稚園に通っているころ、あまりお友達がうまく出来なかったのか、ほとんど声を発することがなかったそうです。

でも一度も幼稚園に行きたくないというようなことは言いませんでした。

また、運動会や、鼓笛隊、お遊戯会などの行事には熱心に参加していました。

ある時など、自転車の後ろに乗っていて、三女が回っている車輪の中に足を入れてしまい、妻は足が折れてしまったかもと思うようなケガをした時でも、痛みをこらえ泣くことはありませんでした。

でも、きっといろんな友達としゃべったり、遊んだりしたかったんでしょう、小学生になってからは積極的に話しかけ友達も増えたようでした。

そんな三女が、長女の影響からか、ミニバスをやりたいと言い出し、チームに入ると、背は小さいのですが、体力がかなりあるので、コートの中を走りまわっていたのですが、あまりに真面目に走るので、試合後家に帰ると膝が痛いとうずくまるようになってしまいました。

バスケットは出来たら続けた方がいいとは思ったのですが、上級生の数も少ないチームだと、どうしても試合に出ないわけにはいかないし、今無理をしたら、中学でスポーツが出来ないと可哀そうだと思い、小学生ではミニバスはやめることにしました。

膝の痛みは治まったので、中学ではバスケをやっていますが、やはりブランクは大きかったのと、性格の真面目さが災いするというか、プレーが真面目過ぎて、相手に読まれやすいという課題があり、その部分の改善に取り組んでいます。

毎週指導を受けているところで、居残り練習をしているのですが、少しづつうまくなっていくのが見えていくと、本人も楽しそうですし、見ている私も楽しくなってきちゃって、ついつい期待してしまいます。

高校でも続けてくれると、おじさんの楽しみが増えていいのだけれど、どうするのでしょうね?

今後3人の娘たちはどのようになっていくのか、まだまだ心配もあり、楽しみもある今日この頃です。

 


コメント

トラックバック

トラックバックURL:

http://www.ippo-kutsu.com/wp-trackback.php?p=4078