小脇に抱え・・。

blog090501

最近教室でNさんが作った靴です。

これは、お友達のための靴だそうで、自分の周りの人の靴を作ってあげられるというのも、素敵なことですね。

話は変わりますが、先日ある講習で、「多くの人は、行動があまりにも感情と密接になりすぎて、行動を起こすのも感情に左右されすぎている。」と言うような話を聞きました。

それを聞いたとき、確かにナベ自身、やる気が起きないとか、イライラして作業に集中できないなど、多くの点で感情に行動が左右されることが多々ありました。

講師の方が言うには、「自分の感情を小脇に抱えたような感じで、行動と感情を切り離すと、淡々としなければならないことをやることができる。」そうです。

「感情を小脇に抱える・・。」そんなことができるのか??

正直始めはそう思いました。でも意識していると、なんとなく分かるような気もしてきました。

ナベは、やらなければならないことをやるときに、そこに感情を持ち込まないと意識して、やるべきことをやり始めると、意外と淡々とできる感じをつかみ始めた気がします。

でも、これもやる気が起きないようなときにやり始めるには、かなりエネルギーを使って行動を起こさないいけないので、まだまだですね。

でも、こういうトレーニングを積むことで、何でもさらっとできるようになれると信じています。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

  ナベ 


コメント

感情を小脇に、、、、、、
なるほど、今の私に必要な考え方です。
是非今から、そんな封に自分の感情を取り扱っていこうと思います。
良い事教えてくれて、ありがとうね。

名前:エイミー - 日時:2009 年 5 月 9 日7:42 AM

エイミー

こんにちは、コメントありがとう。
はじめは難しいかもしれないけど、なんとなく感じがつかめると、かなり有効です。
でも、感情ってそこまでうまく扱えたら、苦労しないよね・・。

  ナベ

名前:manabe - 日時:2009 年 5 月 9 日10:17 AM

トラックバック

トラックバックURL:

http://www.ippo-kutsu.com/853/trackback/