ナベの足跡 11

「自分で自分の靴が作れる。」 35年以上生きてきて、全く考えもしなかったことでした。

半信半疑と言う感じで通い始めたモゲワークショップのデイヤーズですが、はじめてやる靴つくりは、ナベにとってとても新鮮で楽しいものでした。

全ての作業のやり方を見せてもらったり、説明を聞きながら、自分でやってみる。そしてその作業が終わったらチェックしてもらう。その繰り返しでしたが、さまざまな作業が次から次へとめまぐるしくやってきて、それをこなしていくと、なんとなく靴の形になっていく。そんな感じでした。

教えてくれる方に次の作業のやり方や、その作業でのポイントになるところなど、自分の疑問を聞いてみたり、そんなやり取りをしている時間がとても楽しく、週1回の作業日が待ち遠しく感じるほどでした。

デイヤーズに通うようになってからは、「仕事の都合でモゲを休むことはしたくない」という思いで、モゲに行く日は早く帰れるように、仕事も調整を行ったりしていくうちに、「今日の仕事の予定は済んでいるのだから、今日はもう帰ろう」と無駄な残業もしなくなっていました。

しばらくしてふと気付いたのは、今までは時には「今日は仕事行きたくないなあ」と思う日が少なからずあったのですが、モゲに通うようになってからは、そんなふうに思うことがほとんどなくなっていることでした。

ソースでいう「ワクワクする人生」を生きるとストレスがなくなるというのは、こういうことだったのかとすごく納得出来る体験でした。

そしてまた、ナベにとって大きな出来事が待っていました。

足跡 12に続く・・。


コメント

”ナベの足跡” シリーズ、NHKの連続テレビドラマを見ている様に、毎日の楽しみの1つです。このコラムに勇気づけられています。有り難うね。

名前:エイミー - 日時:2009 年 3 月 17 日10:10 AM

エイミー

コメントありがとう!
NHKはアメリカでも視聴可能なのですか??
可能な限り、毎日掲載としたいのですが、性格がズボラなので・・。
気長にお待ち下さい。
ナベのようなごく普通のサラリーマンだった人間でも、楽しい人生を選択できるということを伝えたくて書き始めました。
一人でも勇気づけられたと言ってもらえると嬉しいです。

ありがとう!

名前:manabe - 日時:2009 年 3 月 17 日4:48 PM

トラックバック

トラックバックURL:

http://www.ippo-kutsu.com/755/trackback/