何かあるかな?

最近「あるヨギの自叙伝」という本を読んでいるが、これは、アメリカにヨガを広めたヨガナンダという人の自伝である。

かなり、精神性の高い本なので、以前のナベならとても信じられず、読みすすめることは不可能であったであろうという本である。

なぜなら、インドのさまざまな賢者や、聖人の起こす奇跡のことであったり、ヨガナンダの師の死後の復活の話などが書かれていたりするので、興味がないと500ページ以上もあるので、読破できないと思います。

そんな時、ものすごい偶然というか、たまたま図書館でCDを借りに行ったときに、昔大好きだったギタリスト マイケル・シェンカーのCDを見かけたので5枚のうちの1枚として借りてきたのですが、いつも、CDの解説書なんて読まないのに、何故かマイケルの解説書を手にしてみると、マイケルはしばらく業界から姿を消している時期があったのですが、その頃ある宗教にはまっていたというようなことが書かれていました。

その宗教団体がSelf-Realization Fellowship(SRF)だというのです。
じつは、その団体はヨガナンダが1920年にアメリカに設立した団体だったのです。

ヨガナンダ自身はかなり長くインドの国外で過ごしていたにも関わらず、インドの切手にも描かれるほど、その功績を認められた人物です。

あまりの偶然にこれは何かあるかも!と思いつつ、今とてもヨガに興味があるナベでした。

  ナベ


コメント

難しそうな本だけど・・
なかなか面白そうじゃん。

名前:いさみ - 日時:2008 年 9 月 4 日11:23 PM

いさみさん
いつもコメントありがとう!
小説のようで、読みやすいのですが、内容的に信じられる人と、バカらしく思う人と反応がさまざまだと思います。

名前:ナベ - 日時:2008 年 9 月 5 日1:32 PM

トラックバック

トラックバックURL:

http://www.ippo-kutsu.com/499/trackback/