夏休みの思い出

写真は夏休みの最後に宿題で作った貯金箱です。

親子教室の題材以外で作れますかというリクエストで、今回の貯金箱製作となりました。

大小二つの革の箱を組み合わせて作ってあります。

コインを入れる穴を作ったら、それを口に見立てて、ボタンで鼻、抜き模様で目を作り、ロボットのような顔が出来ました。

こういう自由な発想は子供ならではですね。

こうやって自分で何かを作り上げる。

このような小さな達成感を感じたり、成功したり、時には失敗したりという経験が子供にはとても大切なことだと思います。

  ナベ


コメント

自分で作ったモノだと、これがまた大切にするんだよね。うん。

名前:いさみ - 日時:2008 年 9 月 2 日12:17 AM

いさみさん

そうですね。
自分で作ったものって、愛着がわきますよね。
そんな経験のお手伝いが出来て、こちらもうれしくなります。

名前:ナベ - 日時:2008 年 9 月 2 日9:11 AM

トラックバック

トラックバックURL:

http://www.ippo-kutsu.com/498/trackback/