何になる?

自分のなりたかったもの。

単に靴の先生ではなく、人とのコミュニケーションを通じて、さまざまな形で貢献できるような人になりたい。

だから、いっぽも靴つくり(ものつくり)がベースにはあるけど、それにとらわれず、人が集まる場にしたい。

以前、建設会社の会社員であったときに、「大好きなことをして豊かに生きる」という本田健さんの本に出会い、自分の好きなことを探すためにソースというワークショップに出会い、ソーストレーナーの資格を取り、そして自分自身がソース的に好きなことをするために、会社を退社し、モゲワークショップで靴つくりを学び、いっぽを立ち上げました。

そんな経験でも、話を聞きたいと思っていただけたら、それだけでいっぽに来て頂いてもかまいません。

そうして人が集まると、その場からまた新しい展開があるかもしれません。

ある日気づいたら、いっぽが全く今とは違った形で、存在している。なんてことがあるかもしれないですね。

それも楽しそうで、ちょっと期待しちゃいます。

  ナベ


コメント

なんにしても、物を創造する事が出来るというのは
強みだと思うな。
建築じゃなくたって、同じ。おいどんは、「住」の世界で困っている人を助けたり、技術的に提案できるようになりたいって思う。

とすると・・今の部署から離れるしかないのかもなぁ。

名前:いさみ - 日時:2008 年 8 月 30 日11:21 PM

いさみさん
コメントありがとう!
今の部署でも、助けたり、提案できることっていろいろあるのではないですか?
家を建てるときにやはりコストって一番気になるところだし・・。
そういうアプローチの仕方もあるかなって、ちょっと思いました。

名前:ナベ - 日時:2008 年 8 月 31 日10:22 AM

助けるのはいいけど・・つけあがるのが多すぎだよ。今の部署。そう言う意味で・・自分もどっかで割り切らないと駄目だなと。

名前:匿名 - 日時:2008 年 9 月 1 日9:43 PM

トラックバック

トラックバックURL:

http://www.ippo-kutsu.com/497/trackback/