神奈川新聞がやってきた!

それは、先週の1本の電話からでした。

「神奈川新聞の〇〇と申しますが、今度うちの特集で取り上げさせていただきたいので、来週のご都合の良い時に取材と、革小物の体験をしたいのですが・・」というような話だったとは思うが、「神奈川新聞」と聞いただけで、すっかり頭の中が「!!??」となったので、あまりどのような会話をしたのかが記憶にないのだが、ドッキリカメラでもなく、本当に記者の方が取材に来られました。

記者の人も取材のためとはいえ、教室で小物まで作らないといけないとは大変だななんて、余計な同情みたいなことまでしていたのだが、話をしていると、その記者さん、革小物を以前からやってみたいと考えていたらしく、今回の企画が決まったときに、真っ先に革小物教室を探してくれたそうです。

そして、ネットでいっぽを探し当ててくれて、今回の体験取材となったそうです。

しっかりと取材をされた後は、じっくりと体験していただき、ご自身が使われている手帳のカバーを作られました。

出来上がったカバーを何度も眺めては、「いいですね~」と繰り返す様子を見ていて、ナベたちまで嬉しくなりました。

新聞の掲載は、10月12日(月)の予定ですので、神奈川新聞をご購読の方は是非いっぽの記事を探してみてください。

それにしても、春のレディオ湘南(湘南地区)に始まり、今度の神奈川新聞(神奈川県)と、いっぽの認知度も少しづつ上がっていっているようで、本当にありがたいことです。

応援いただいている皆様に感謝です。

ありがとう!

   ナベ


コメント

トラックバック

トラックバックURL:

http://www.ippo-kutsu.com/1046/trackback/